ブログ

2020.01.22
可愛らしい靴

過日、弊社にて打ち合わせを行った際に

お子様が履いていらした靴がとても可愛らしくて

思わず写真を撮らせて頂きました。

過去のドラマで見たような記憶がありませんか?

2020.01.11
住まいと健康①

人生で一番高価と言われる住まいを

取得したい理由はおそらく

大切な家族の幸せを願ってのことと思います。

その住まいが、大切な家族の健康に大きく

影響します。

今回は歴史の中で語り継がれた偉人の言葉の

一つを紹介します。

皆さんご承知の

フローレンス・ナイチンゲールさんの言葉です。

『健康構造に欠陥のある住居は

健康な人間を害する』

イギリスの看護師であるナイチンゲールさんの

「看護覚え書き」に記されている

一節です。

150年前のイギリスにおいて、消費者や

建築業者・医療業界の考え方への憤りからの

訴えと感じます。

この言葉は、現在でも当てはまる考え方だと思いませんか?

工業製品で作られた安価な建物と、自然素材で

造られた住まいと客観的に考えてみましょう。

仮に合板やビニール素材を多く使用した住まいに暮らして

生涯に渡り健康で暮らして行けるのでしょうか?

工業製品からは、接着剤やその他薬品から

有害物質のVOCが発生しますし

ビニール素材は調湿性がない為、結露による

カビの発生が予測され健康な空間とは言えません。

最近では機械による空気浄化もありますが

出来れば自然の力を活かしたい部分です。

人の寿命は年々医療の進化で伸びている中

健康に暮らせる月日は長くしたいですが

その後に訪れる何らかの病と付き合う

不健康な月日は短くしたいものです。

一生の約1/3を過ごす住まいは

日々のストレスを癒し、心身が満たされる

快適な空間にしたいとトミダは考えています。

この続きは次回にて

 

 

 

2020.01.09
幸せの境(さかい)

日本はバブルを経験したのち

「モノ」や「見栄」「他との比較」に

幸せや豊かさを感じる価値観が生まれました。

「いつかはクラウン」などが代表です。

このモノが無いと不幸と考えてしまいがちです。

高い生活レベルでないと幸せと思えない雰囲気が

あるのではないでしょうか?

北欧の方々は金銭的に余裕のある方も含めて

とてもつつましい生活をされているそうです。

つつましい生活というと「節約」、「我慢」を

しなくてはいけないとイメージしますが

そうではなく、「幸せに貢献しそうなこと」を

「選択」してお金を使用するそうです。

自分の収入と支出のバランスがとれていて

無駄を省きシンプルに生きる。

「モノ」ではなく「コト・体験」にお金をかける。

選択し必要なものにお金をかけつつ

蓄財もし、社会保障も充実している。

だから精神的に裕福なのでしょうね。

しかしながら最近の日本でも

年齢別に幸福度調査をすると

若世代では幸福度が高いそうです。

それを聞くと何か安心します。

 

 

 

 

2020.01.08
幸福度②

前回の続きです。

幸福度の高いニュージーランド、ハワイ

北欧などでは「衣」「食」に対するニーズが

低く、「住」に対するニーズは高く

特に住環境を重視しているようです。

例えば、家の前で釣りが出来る。

住まいの窓から見える景色も

自分のもののような感覚で捉えて

そこに住んでいること自体に

「幸福」を感じ、家を「モノ」ではなく

ライフスタイルを充実させるプラットホーム

と捉えているようです。

多くの時間を過ごす家を

「ワーク」中心にしている日本と

「ライフスタイル」中心にしている

幸福度の高い国々。

何か納得しつつ、うなづけますね。

 

 

2020.01.06
幸福度①

日本人は世界の中で幸福度が低いと耳にします。

裕福さ・健康など世界では上位クラスであるものの

その国民はというと、幸せに感じていないというのも

不思議なことです。

日本人は幸福度の高い諸外国に比べると

「衣」「食」に対するニーズは高いものの

「住」に対しての知識は諸外国と比べて

かなり低く、軽視しているそうです。

これは国民性が影響していると思います。

諸外国は住宅を自分で手掛けるケースが

多い為、知識が必然におおくなります。

また、住む場所も家自体も

「ワーク」中心で考えているケースが多く

土地は駅近(仕事のため)

スーパー近く(主婦の仕事)

学校の近く(子供の仕事)

つまり家を「幸せのための場」ではなく

「仕事の場」として選択しているケースが

多くあります。

ある意味、理解できますが

ここは違った角度で見方を変えては

如何でしょうか?

この続きは次回にて

 

 

 

2020.01.05
明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。

皆さま新しい年をどの様に迎えられましたか?

私たちは近所の神社へ初詣をした後に

美濃加茂市、健康の森にて初日の出を

見に777段の階段を登りました。

私は、この季節の空気感がとても好きです。

ピーンと張りつめた中で冬の匂いを感じつつ

快晴の中、ご来光を満喫しました。

2020年もよろしくお願い致します。

2019.12.29
年末

2019年も残すところ2日となりました。

今年も多くの方々のご支援・ご協力を

頂き成長することが出来ました。

心より感謝とお礼を申し上げます。

昨日、ショールーム玄関には

HO様のH様より教えて頂いた

アレンジ門松を設置して新しい

年神様をお迎えする準備を致しました。

2020年も引き続き宜しくお願い致します。

 

2019.12.28
包丁研ぎ

27日、建築現場にて包丁研ぎサービスを

実施しました。

建築現場のご近隣者さまには

日頃、音や埃そして工事車両などで

ご迷惑をおかけして、私たちは

お仕事をさせて頂いていますので

そのお礼です。

心より感謝致します。

2019.12.23
令和元年最後

過日、令和元年最後の感謝塾(協力会)を開催致しました。

師走の忙しい中を30名を超える方々にご参加頂きました。

今回も前回に続いて現場での安全をテーマに勉強をしました。

2020年も引き続きご協力をお願いいたします。

 

2019.12.13
上棟式

本日(13日)天候にも恵まれ

滞りなく上棟式を迎えられました。

お施主様による工事の締めくくり

手形プレート取付

お餅投げ

集合写真と進みました。

上棟、おめでとうございます。

引き続き、安全に留意して

Yさまの「ご家族の幸福の城」の竣工に向けて

協力業者の皆さんと志事にあたらせて頂きますので

今後とも、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

2019.12.12
上棟1日目

本日(12日)美濃加茂市内にて、上棟工事1日目でした。

作業開始前と午後1時には工事の確認を行い

作業に入ります。

 

 

 

 

 

 

 

トミダでは、岐阜県産材の使用しており

土台と柱は東濃檜で120×120(4寸)

通柱は150×150(5寸)もちろん東濃檜です。

梁は長良杉の使用で県からの補助金の対象です。

 

 

 

 

 

 

 

 

大工さんは大切なお客様の木材を

大切にそして安全に工事を進めて行きます。

明日は、いよいよ屋根の工事に入ります。

 

2019.12.11
新しく「家づくり」=「幸せづくり」がはじまります

過日、6日(金)小牧市内にて新しくMさま邸の

「家づくり」=「幸せづくり」が始まりました。

Mさまとの出会いは弊社協力業者さまからの

ご紹介です。

協力業者さまにおかれては

お付合いが数多くある工務店の

中より、トミダにご紹介頂き心より感謝致します。

建築ご予定地では、滞りなく地鎮祭を終え

午後よりトミダのショールームにて着工式を行いました。

ご挨拶では、Mさまの涙もあり

感動の着工式でした。

2019.12.02
基礎の精度確認

過日(30日)、Yさまと基礎の高さの施工精度に関して

現場にてオートレベルを使用しご確認いただきました。

物事の原理原則として、水平の上にしかモノは垂直に

建たないとの思いから、基礎の高さの精度を良く

することにより土台が水平に施工され、

柱が無理なく垂直に建つのです。

つまり、背骨が真直ぐな家なのです。

その施工精度にYさまも驚かれておられました。

2019.11.30
家づくりに参加!

晴天の中、美濃加茂市内の現場にてYさま

ご夫婦に家づくりのお手伝いを頂きました。

今回は基礎のコンクリートに、抗酸化の素材を

ローラーを使って塗布致します。

 

 

 

 

 

この素材を塗布することにより、マイナスイオンを

発生させ抗酸化の空間をつくります。

酸化とは、食物が傷んだり、鉄が錆びたりすることですが

人の体も、時間とともに酸化していきます。

その現象として、花粉症や不眠症、鼻炎、低体温

アトピーとも言われています。

この逆を抗酸化と呼び、酸化の進行をゆっくりとさせる

若しくは甦らせたりする効果が期待できます。

トミダのショールームでは、五感で抗酸化がご体感できます。

ご興味のある方は体験してみませんか?