近況報告/イベント情報

2021.04.17

気密測定・・・関市S様邸

現在、関市内にてS様邸の

「家づくり」=「幸せづくり」が進められています。

過日、現場では気密測定が行われました。

気密測定では、家全体でどれだけの隙間があるのか?を

機械を使用して測定します。

測定結果は、0.3c㎡/㎡でしたので

とても良い数値でした。

この数値を隙間相当面積と呼び、家全体にある

隙間の面積(c㎡)を延床面積(㎡)で割った値で

一般的にはC値と呼びます。

このC値が低いと、どの様なメリットがあるのか

お伝えいたします。

①少しの電力で夏冬に快適な室内温度が保てます。

②部屋ごとの温度差が抑えられる。

②家の遮音性も良くなるので、外部の音の遮音性も

 高くなり、静かな空間を保てます。

③換気が計画通りに出来る。

次にデメリットというか、注意点です

①気密が高いので、締め切ったままですと

 空気がこもり、室内温度が高くなるので

 換気に気を付けることです。

注意点に比べてメリット多く、これからの

脱炭素社会にはこのC値の低い住宅は

必要項目となっています。

 

 

 

前の記事へ 一覧 次の記事へ