近況報告/イベント情報

2016.11.29

◎協力業者会◎ 11月現場パトロール&役員会

11月22日に行った

現場パトロールと役員会の様子です。

 

今回パトロールに参加されたのは

感謝塾会員の

株式会社オザワコーポレーションの川嶋さま

株式会社丸泰の山本さま

感謝塾役員の湯浅木工所の湯浅さま

酒向社長でした。

 

p1120601

 

チェック表をもとに

細かくチェックされています。

 

 

その後行われた役員会

 

2016-11-22-19-08-20

 

報告の前に藤吉会長からはじめの挨拶。

 

「少しずついい流れが循環しつつあるのを感じます。

重たいものを転がすのは最初はとてもきついです。

 

しかし、一度転がすことができれば

惰性でどんどん転がっていきます。

 

いまはきつくても、乗り切っていきましょう。」

 

と話されました。

 

そして現場パトロール報告。

 

3日後に「魅せる現場コンテスト」の

2次審査を控えていたので

そのことについても話がありました。

 

各現場での注意事項を報告後

パトロールに参加された会員さんから

 

川嶋さん

「はじめて、パトロールというものに参加しました。

普段目につかない部分も

チェックしていくと

なるほどなと気付く部分も多くありました。

 

チェックしながら、

自分でも耳の痛いところがあり

気をつけなければいけないと思いました。」

 

山本さま

「はじめは、作業中のパトロールなんて

邪魔になるんじゃないかと思っていました。

しかし、普段見る事のない現場を拝見し

自分の工事の前工程とも分かったので

とても良い勉強になりました。」

 

とお二人お会員さんは

率直な感想を話されました。

 

そして社長から

「ひとつ注意した点がありました。

パトロールの時間がちょうど休憩時間とかぶっていて

その時の出来事です。

 

”外部においた資材へ腰かけて休憩”していました。

 

その場ですぐ注意をさせて頂きました。」

 

と現場での出来事の報告と注意がありました。

 

スタンダードにはないことも多いですが

新しい業者さん、職方さんが入られる際の

指導の仕方も大切だと思いました。

 

また、そういった場面で

大工さん、協力業者さん同士

アドバイスしあえる関係を

気付いていけたらいいと思います。

 

 

その後はいつもと同様、協力会の活動や

現場の進捗等の報告がありました。

 

そして今回現場監督から

現場パトロールの内容について

指摘・提案があり、協議されました。

 

いくつもの現場が同時で進行していく中で

どの現場でも、現場きれいや品質を維持していくために

考えた、新しい提案でした。

今後取り組みについて、検討していきます。

 

 

最後、感謝塾副会長の梅田さんは

「本日はお疲れ様でした。

新しいことをはじめるのはもちろんですが

やはり”維持”していくことは

とても難しいことです。

 

本日でた課題を、実際に役員で模索しながら

感謝塾の各会員さんにも、より良い方法を伝えられるよう

ヒントを見つけたいと思います。

 

現状をよく見極めて

やるべきことを感じ取っていきましょう。」

 

とまとめられました。

 

次が年内最後の

役員会と現場パトロールになります。

 

 

前の記事へ 一覧 次の記事へ