近況報告/イベント情報

2017.03.09

◇建築状況◇ S様邸(美濃加茂市三和町)地鎮祭&着工式

この度新たなご縁を頂きまして、

美濃加茂市三和町地内にて

幸せづくりのお手伝いがはじまりました。

 

S様との出会いは、

ホームオーナーさまである

ご家族からのご紹介

 

そして30年以上も前

建替え予定のご両親のお住まいにも

携わらせて頂きました。

 

その後ショールームへも何度も

足を運んいただきました。

 

打合せがすすみ、だんだんとプランが出来上がりました。

コンセプトは…

「機能的で快適な暮らしを実現した住まい」です。

 

 

Sさまの幸せづくりのお手伝いに携われることができ

大変嬉しく思います!

 

 

2月半ば過ぎ、地鎮祭&着工式を行いました。

 

S様着工式

 

早朝ということもあり

さらに寒いなかでしたが

ご両親にもご参加頂き

滞りなく地鎮祭を執り行うことが出来ました。

 

 

そして、夕方から着工式。

Sさま邸新築工事に携わる

協力業者さまとの顔合わせの式です。

 

今回は建て替えのお住まいが

会長が携わったお住まいということで

会長にもご参加頂きました。

 

S様邸着工式 

 

会長挨拶では

「ムービーにもありましたように

私の父が前世紀に建て、

私は24~25歳くらいの頃お世話になり

現場へも良く足を運んでおりました。

 

当時は重機もなく、クルマもなく

全てが手作業で

移動も自転車でといったような

大変懐かしい思いでがあります。

 

想い出の深いSさまの建替え工事ですので

協力業者のみなさま誠心誠意お願いします。」

と、お祝いの言葉ともに話されました。

 

続いて社長挨拶

「Sさまとの出会いは感慨深いところがありました。

 

旦那様とはPTA会長同士でお会いし

妹さんはホームーオーナー様であるGさまで

とそんな出会いがあります。

 

ここにたどり着くまでに

本当にたくさんの工務店を見られたと

聞いております。

そんな中当社をご指名下さりました。

 

解体に伴う、仮設工事に伺うと

大工さんからは

「本当に良い材料が使ってあるお家だ」と

言葉があり、

解体工事屋さんからも同様

「本当に良いお家だね、

だって建具が全部外れますもの。」と

お褒めの言葉がありました。

 

工事中、材料の乾燥などにも気を遣い、

また、大切に暮らしてきてくださったことが分かる 

非常に大事にされてきたお住まいを

解体して新築させて頂くことに

大きく感謝しています。

 

協力業者さんと手と手を取って

誠心誠意取り組んで参りますので

今後とも宜しくお願いします。」

 

とエピソードと

今後の意気込みを話されました。

 

 

 

協力業者代表挨拶はアイエイ㈱の岩越様。

 

「S様邸のお住まいに携われることに

幸せを感じつつ

しっかりとした施工をお約束します。

 

現場へ足を運んで頂き

幸せづくりの過程を

Sさまご自身で確認して頂きたいです。

 

そして、現場へお越しになった際は

お気軽に話しかけて頂ければ嬉しいです。」と

 

Sさまへの感謝そして想いを話されました。

 

 

そして、S様からのお言葉。

「これまでお話があったように

富田製材さんとはいろいろなご縁がありました。

 

はじめて家を建てようと詳しい話をしたのが

昨年の2月、この場所でした。

 

1年かかってこの日を迎えることが出来ました。

 

土砂災害警戒地域であるこの場所に

本当に家を建てても良いのか?悩みました。

 

職人の魂と富田製材の魂が融合した

住みよいお家になることを

家族一同本当にみんな楽しみにしています。

 

どうぞ宜しくお願いします。」

と話されました。

 

今後の期待を言葉の一つ一つから感じました。

 

 

時間の許す限り、現場へと足を運んでいただき

大工さん・協力業者さんの想いを

感じてほしいなと思います。

 

 

どうも有り難う御座いました。

今後とも宜しくお願い申し上げます。

 

DSC06300

前の記事へ 一覧 次の記事へ