近況報告/イベント情報

2016.11.28

◇建築状況◇ Hさま邸竣工式

可児市Hさま邸が無事、竣工を迎え

11月半ばにお引渡しとなりました。

 

キッチンやお風呂などの設備や

玄関や窓、について等、器具説明が行われました。

 

 %ef%bd%88%e3%81%95%e3%81%be%e5%99%a8%e5%85%b7%e8%aa%ac%e6%98%8e

 

一度にご説明させて頂いたので、

分からないことがあればいつでも聞いて下さい★

 

 

 

 

そして器具説明終了後に

ささやかながら

竣工式を開催させて頂きました。

 

「ご竣工おめでとうございます。

当社はまだまだ小さい会社ではありますが

Hさまと出逢い

幸せづくりの機会を頂きました。

 

この現場で一緒に汗を流した

協力業者のみなさまも駆けつけています。

 

ささやかですが、竣工式という形で

お祝いをご用意しましたので

お付き合いの程お願いします。」

 

との挨拶で竣工式が開式しました。

 

%ef%bd%88%e3%81%95%e3%81%be%e7%ab%a3%e5%b7%a5%e5%bc%8f

 

乾杯やムービー鑑賞を行い

社長からの挨拶。

 

「ずっと住まわれてきた

大切なお住まいの解体時に

柱を1本残して

新しいお住まいの屋根裏に

建てさせて頂きました。

 

建替え前のお住まいへの供養という形で

お家も喜んでいると思います。

 

このお住まいで末永く

H様が幸せに暮らして頂けることを

願っています。」

 

とお祝いの言葉と共にH様への想いを伝えました。

 

Hさまの想いを一番近くでみてきた

現場監督の松田からは

「お茶やメッセージなど

いつも有難う御座いました。

会う機会は少なくなりますが

これからがまた長いお付き合いとなりますので

宜しくお願いします。」

と感謝の言葉を述べました。

 

 

いちばん多く工事に携わる大工さん代表で

今井さんからは、

「Hさまのお家は大工として

とてもやりがいのあるお住まいでした。

 

野平大工さんも樋口大工さんも

本当に心を込めてつくっていたと思います。

 

末永くこのお家で過ごしてほしいです。」

 

H様への想いが溢れ

言葉に詰まりながらも

これまでの感謝とともに

お祝いの言葉を話されました。

 

 

協力業者代表で渡辺さまからは

「いつもお茶やお菓子など

心遣いを頂きましてありがとうございました。

新しいお家をつくりあげる工事は終わりましたが

これからサポートしていく

今日は新しい日のjはじまりです。

 

何かあればいつでもご連絡ください。」

 

普段はなかなか伝えられない

想いの詰まったメッセージでした。

 

 

そして旦那さまから

「このような会をありがとうございます。

みなさまのおかげでこんなに素晴らしい

住まいが出来て、感激しております。

 

お家で待っているレオンくんもクロちゃんも

きっと気に入ってくれると思います。

 

仮住まいがここから徒歩5分ほどのところにあり

ほぼ毎日現場へ来ていました。

 

ちゃくちゃくカタチになっていく様子をみて

すごいなあといつも思っていました。

また、本物の木の家は

こういうふうにつくっていくんだと感じ

大変嬉しく思いました。

 

長く住めるよう、健康でいられるよう

楽しみにしています。」

と話されました。

 

言葉の一つ一つから

Hさまの喜びを感じました。

本当にありがとうございました。

 

奥さまからは

「今日は涙しまいと思っていましたが

いろいろ思い出してしまいました。

 

32年間住んだ家での思い出がいっぱいで

解体前、荷物を出した時に

すごく寂しかった気持ちを覚えています。

 

今日からまた想い出を増やしていきたいと思います。

 

暑い夏に皆様頑張ってくださって

本当に有難う御座いました。」

 

一生懸命想いを話される奥様の姿に

感動しました。

 

そして、引き続き

旦那さまへ奥様からサプライズ・・・

お手紙のプレゼントがありました。

 

読み上げられたお手紙には

これまでの山あり谷あり

いろんなことがあった人生を

ご夫婦で支えあって乗り越えてきたことを感じ

心が温まりました。

 

そして娘さまからもお手紙のサプライズ。

ご両親への感謝が込められた

感動のお手紙でした。

 

私たちへ向けられた

「私たちの夢を実現して下さり

ありがとうございました。」という言葉は

本当に嬉しく、

出会えてよかったと心から思いました。

 

どうも有難うございました。

 

 

最後、樋口大工さんから一言。

「涙ぐましい竣工式になり、感動しました。

一人一人の想いがそれだけ詰まっているんだと

とても感じました。

ご家族で笑顔を絶やさず過ごしてほしいです。」

と、その後三本締めで竣工式は終わりました。

 

 

H様の幸せづくりに携われたことを心から嬉しく思います。

これからの長いお付き合いもとても楽しみです。

本当にどうも有り難う御座いました。

今後とも宜しくお願いします。

 

 dsc05180

 

前の記事へ 一覧 次の記事へ