ブログ

2020.02.29
凡事徹底

建築現場をいつもキレイに

しておくことは簡単では

ありません。

いくら社長がキレイにしようと

意識していても実行するのは

現場でお仕事をして頂く

職方の方々ですから

彼らが意識を持たなければ

とうてい実現は不可能です。

工務店として現場で志事(仕事)を

して頂く職方さんや現場監督の

教育・指導を徹底して行く

必要があります。

そこには、何故必要なのか?

を心で理解して頂けなければ

意味がないものとなり

現場キレイも一過性のモノで

定着はほぼ無理です。

一生で一番高価な家

大切な家族の幸福の城を

依頼する工務店選びの一つとして

現場キレイを通して志事(仕事)

への想いを工事中現場見学にて

是非感じて下さい。

 

2020.02.25
5S

皆さまも5Sという言葉を一度は

お聞きになられたことがあるかと

思いますが如何ですか?

1.「整理」

2.「整頓」

3.「清掃」

4.「清潔」

5.「躾(習慣)」

以上のSを指しています。

以前にも触れていますが

今回少し掘り下げてみます。

私たちの建築現場では

現場キレイの実践をしています。

それは現場のキレイさは創り手の心がカタチに

表れたモノととしているからです。

☆真・心の清掃

1.「真・心の清掃」とは、真の清掃

2.「真・心の清掃」とは、真心を込めた清掃

3.「真・心の清掃」とは、心の清掃

真の真心を込めた清掃は人の心までキレイにしてくれます。

そのキレイな心が、お客様のために

心を込めた工事・対応の気持ちにさせるのです。

「真・心の清掃」は中途半端なことではできません。

全ての方の想いの共有と全ての現場で

やり切ることは大変です。

しかしトミダでは徹底し実践し続けています。

あらかじめ準備された構造見学会の

現場ではなく、工事中の『生』現場を見てみましょう。

そこには工務店の姿勢があります。

2020.02.04
住まいと健康②

前々回のブログの続きです。

住まいが暮らす人の健康に大きく作用することをお伝えする中で

歴史上の偉人の言葉として、前回はフローレンス・ナイチンゲールさんの

言葉をご紹介いたしました。

今回もう一人、偉人の言葉をご紹介いたします。

ドイツの建築家 フーゴー・キューケルハウスさんです。

『住まいが人間に、その肉体と魂と精神に奉仕しないとすれば

一体何のために建てるのか』

月日がどれだけ経とうとも

住まいのもつ本質は不変的なのですね。

私たちトミダでは

住まいの計画を進める際に

建築予定地が持つ特性を読み

ご家族構成と生活スタイルにマッチして

更に断熱性能などある程度の能力がなければ

人生で最も高価なお買い物としての価値は

無いのでは?と考えています。

皆さまは如何でしょうか?